top of page

12星座と64の遺伝子暦カレンダーのご紹介

こんにちは☆SEiLAです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。


こちらの記事では、

新登場のカレンダーについてご紹介します。



2024年3月1日発売☆彡

本格的に水瓶座の時代に入っていく

2度目のプレ冥王星水瓶座期に

ソウルミッションラボから


「水瓶座時代の新しい季節感」を養う

12星座と64の遺伝子暦カレンダー

Neo-I-Ching Calendar


を発売します!














BASE SHOP はこちら








え?1年で64の遺伝子を巡る?



私たちは、1年で12星座の

季節を巡ることは

誰でも知っていますよね。


でも、12星座の季節を巡る間に、

実は私たちは「64の遺伝子の

アーキタイプも同時に巡っている」

と聞いたら、あなたは

どう思われるでしょうか??


「え?あの、人間の細胞に入ってる

DNA遺伝子?」


とビックリ\(◎o◎)/される

かもしれませんね。


そうです、その遺伝子です!


私たちは、1年で64の遺伝子

アーキタイプを巡っているんです。













*「アーキタイプ」は「原型」

という意味を持ちますが、

ここでは何らかの「パターン」

だと思ってもらえたら大丈夫です。







64の動物たちが遺伝子を表わす?



「う~ん、なんか遺伝子って

聞くだけで、難しそう、、」

と思われる方も多いかもしれませんね。


ですが、大丈夫です!


ソウルミッションラボは

遺伝子のアーキタイプを

可愛くユーモラスな動物たちで表して

誰にでも分かりやすく

親しんでもらいやすい

Soul Mission Re-connection®(SMR)

という魂の成長&自己実現ツールを

作りました☺♪


今回のカレンダーは

SMRの中に登場する

12星座

=12の王国キャラクター

64の遺伝子アーキタイプ

=64の動物たち

と一緒に1年を巡る

「水瓶座時代の新しい季節感」を養う

新感覚のカレンダーです!





<SMRに登場するキャラクターたち>






<64の動物たちは、易の64卦とも対応しています>








水瓶座の時代ってどんな時代?



2024年11月20日から、

いよいよ水瓶座の時代に

突入する私たち。


とは言っても「水瓶座の時代って、

なんとなく『個の時代』

ということだけ知っているけど

実際に自分は時代の流れに

乗れてるのかな?」

とあまり実感を持てていない人や

「具体的に、何をしたらいいのかな?」

と少し戸惑っている人も

多いのではないでしょうか?


水瓶座の時代、

これからの新しい時代を

簡単に説明すると


一人一人の感覚に従って、

オリジナルの人生を

オリジナルの価値観で

生きていく時代。


お互いを認め合う

寛容な社会を作っていく時代。


と言えるかなと、思っています。



それは、もっと具体的に言うと



一人一人が、

常に自分だけの感覚に繋がって

自分の感覚を信じて

自分だけの正解を導き出す



「誰かがこう言ったから」

「社会が、親が、友達が

そう期待するから」

という他人軸から

完全に自分軸だけで

生きていく時代。



なのだろうと、思っています。








水瓶座時代にお役立ちな理由



それで、この

12星座と64の遺伝子暦カレンダー

どんな風に水瓶座の時代に

役立つのかといえば・・・




< 水瓶座時代にお役立ちな理由 >



◆「宇宙エネルギー」の変化が、

体感しやすい。


  ↓


◆体感していくと

自分が「宇宙エネルギー」を

フィルターしながら

生きていることが

ハッキリと分かってくるので

自分の体感、感覚を

信頼できるようになる。


  ↓


◆自分の感覚を信じて

自分だけの正解を

導き出すことが

容易(当然)になってくる。


  ↓


◆他人軸だった感性から離れて

自分軸の感性で

生きていくことが

できるようになっていく。


  ↓


◆人と比べることなく

自分の生きたい世界を

自分で選んで創造していくことが

できるようになっていく。


  ↓


◆自分と他者を

尊重し受け入れ

寛容になっていく。




このカレンダーを使うと

そんな風に

水瓶座座時代・風の時代に

合った生き方に

チューニングしやすくなると

感じています。








カレンダーを使ってみた感想



実際に、カレンダーを使って

64の遺伝子エネルギーを感じながら

日々生活してみたら、

どんな変化が起きたのか?


ご感想をシェアします。






【12星座と64の遺伝子暦

カレンダーを使った方の感想】



多感で繊細な子供たちと

関わる仕事をしていると

子供たちが日々、

本当にお空のエネルギーの通りに

そのまま反応しているのが分かります!


「素直に反応しているだけなんだ~」

と分かると

子供たちをあるがまま肯定しつつ

その時に必要な対応ができるので

子供たちとのコミュニケーションに

びっくりするくらい役立っています。


私の高校、中学生の子供たちも

気分がダウンしている時に

このカレンダーでお空のエネルギーを

伝えてあげると

「あ~そういう感じ!」と

自分が今感じている感覚が

「宇宙エネルギーそのものなんだから

自分はそのままでイイんだ!」という

安心感と自己肯定感が得られるようです。


親としても、なぜ子供が

今こういう反応をしているのか

よく分かるので子供を理解して

見守ることができます。


前よりも自分自身が安定して

子供たちと接することが

できるようになりました。

リビングにカレンダーを飾って

家族で見ています。

日々、欠かせない

アイテムになっています!



(教員 Mさん)




◇次の遺伝子エネルギーに変わると

本当にエネルギーの違いが分かります!

日々、どんなことに意識して

過ごせば良いかも分かりやすいです。

「陰陽活用術」で、

陰陽のバランスが取れるというのも

「なるほど~」という感じで

楽しく使っています♪

なぜ今こんなことが

起こっているのかの

答え合わせになるので

それ以上考え悩まなくて

良くなって次に進みやすいな

と感じます。



(T.S.さん)




◇日常的に、自分が感じたり

考えたりすることが

こんなにも宇宙からのエネルギーに

影響されるんだとビックリ\(◎o◎)/!

私たちも宇宙の一部で

宇宙と一緒に毎日生きていると

肌で感じ取れるのが新鮮。

まさに新時代カレンダーだな!

と思います。

大阪弁の一言アドバイスも

癒されます♪



(自営業 Nさん)








感覚を研ぎ澄ませて魂レベルで生きる



情報が日々たくさん

溢れている中で

何が正しくて

何が正しくないのか?

その境界線も曖昧です。


いざという時に

自分の正解が何か

分かるためには

日々、自分の感覚を

丁寧に感じていく

必要があります。


また、自分の感覚を

研ぎ澄ませていけば

魂レベルで本当に

やりたいことが

分かってくるので


必然的に人とは違う

オリジナルの道を

選択するように

なっていきます。



このカレンダーは

自分の体験を

よりマインドフルに受け止め

気づきを促してくれる

心強い伴走者のような役割を

してくれます。


「宇宙エネルギー」を

フィルターしながら

この人間体験をしている

自分という存在を


もっと広い視点から見て

自分という唯一無二の存在を

愛らしく感じさせてくれる

そんな相棒のようなカレンダー。


繊細で今の社会で

生きにくさを

感じている人たちも

少しでも生きやすくなったり

自己肯定しやすくなる

ツールになると良いな

と思っています。


ぜひ、皆さんも日々に取り入れて

楽しんで使って頂けたら

嬉しいです♪





このカレンダーが

この地球に生きるあなたと

地球家族への理解と思いやりが

深まる一助となりますように。









★━━━━----———————


~自分の感覚と繋がり、

マインドフルに、オリジナルに生きる~


12星座と64の遺伝子で1年を巡る

新時代のカレンダー


ご購入は


————————-----━━━━★






表紙はオシャレなインテリアにも♪














可愛らしい動物たちのイラストと共に




















X(Twitter)で、その時々の

宇宙エネルギーについて呟いています。








゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+


あなたの魂の「進化の道」と

「退化の道」が分かる!


新時代のアストロ遺伝子コーチング

Soul Mission Re-connection®(SMR)


SMRについてはこちら

講座についてはこちら


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+







「12星座と64の遺伝子暦カレンダー」

を巡りながら

遺伝子エネルギーに関する

体験や気づきを

カレンダー作者SEiLAが

徒然と綴っています。



< 遺伝子エネルギー >







閲覧数:174回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page